2011年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:32 Aug 23 2011

イケメン小説家・島田雅彦氏が上海図書展で新作PR

雑誌「BRIO」の表紙を飾る島田雅彦氏(右)と章子怡。

 「文壇の貴公子」と呼ばれる小説家・島田雅彦氏は21日、上海展覧センターで今月17日から開催中の2011上海図書展・「本の香り・中国」に登場し、人気連載小説「徒然王子」の新作を発表した。島田氏は、現在純文学と大衆文学を隔てる境界はあいまいになっており、純文学の創作にこだわっていれば、時代遅れになってしまうとの考えを語った。中国紙「京華時報」が報じた。

 ▽村上春樹は時代遅れではない

 上海訳文出版社から出版された新作「徒然王子」は、内容においては純文学、幻想小説、推理小説の垣根を打ち破っている。島田氏は、芸術性よりも娯楽性・商業性を重んじる大衆文学の中に面白くないものがたくさんある一方、商業性よりも「芸術性」・「形式」に重きを置いていると言われる純文学の中にも面白いものがたくさんあり、今やその間の境界はすでに打ち破られていると指摘。同時に、現在読者の目も肥えているため、純文学作家が自分の創作スタイルを変えなければ時代遅れになってしまうと語る。「米国文学から影響を受けた文体で世界的な小説家となった村上春樹氏(純文学)の作品は注目されるようになったが、一方で日本の伝統的な作家らは多くの読者を失なったため、村上氏を目の敵にしている」。島田氏は、残念なのは現在の若い世代の読者が村上氏の作品を読まなくなっていることとし、「それでも彼の作品は時代遅れではない。毎年ノーベル文学賞の発表の際には彼の受賞がうわさされる」と指摘した。

 ▽島田雅彦は中国女優章子怡のファン

 1961年生まれの島田氏はその容貌のよさから「文壇の貴公子」と呼ばれている。同氏は主演・脇役としてたびたび映画に出演したり、オペラの台本を手掛けたりと多岐にわたり活躍している。また同氏は2007年に、中国を代表する国際女優章子怡(チャン・ツィイー)とともに、日本の男性向けライフスタイルマガジン「BRIO」の表紙を飾った。島田氏は章子怡のファンで、彼女出演している映画をたくさん見たと公言。表紙の写真を撮影する当日、履いていていた穴あきジーンズの穴を暇な時にいじる章子怡のくったくのない姿がかわいかったと明かしている」。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年8月23日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古