2011年8月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:37 Aug 26 2011

中国人178万人余りが日本語を勉強

 日本の国際交流基金が8月9日に発表した「2009年海外日本語教育機関調査」の結果によると、日本語を学んでいる中国人の中に、中国大陸は一番多く82万7171人に達し、つぎは台湾24万7641人、香港は2万8224人、マカオは1240人となっている。在日中国人の68万518人を加えれば、日本語を学んでいる中国人が178万4794人に達し、世界のトップとなっている。

 この数字は日本語を勉強している外国人全体の30.6%を占めているという。つまり、日本語を勉強している外国人の中で、3人のうち、一人が中国人であるということである。ここ数年、中日の交流が頻繁になるにつれて、日本語を勉強する中国人はどんどん増えている。日本の歴史や、文学、アニメ、J-POPなどに関連する情報を知りたいことが中国人の日本語を勉強する目的となっている。さらに、日本留学や日系企業の就職なども日本語を学ぶ必要があるため、ますます多くの人が日本語勉強に興味を持つようになりつつある。

 「中国国際放送局 日本語部」より 2011年8月26日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古