2011年8月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Aug 29 2011

中国メディア代表団、老いゆく日本を体感

 先日、南方日報の記者は中国青年メディア関係者とともに日本を訪れ、高齢化が日本社会に落とす影について、身をもって体験することとなった。話には聞いていたが、実際に目にした光景は驚くべきものだった。それはまるで日本そのものが老いていく姿であり、「若者がいない日本はもう戦争を仕掛けることもできない」などというジョークを言う者までいた。

 ◇「ここは、希望のない村」

 視界いっぱいに広がる稲田は、まるで絵画のようだ。京都の北西部に位置する滋賀県日野町の小谷村で、記者は普段の生活では得難い静寂に包まれた。だが、そこに若者の姿はほとんどなく、畑仕事をする人々も、見たところみな高齢者ばかりだ。

 村民の富田正夫氏は、公道沿いに大きなスーパーを経営している。店の日常業務は、主に65歳を過ぎた彼が行い、女主人の知津子さんも60歳を過ぎている。

 「村民200人中、65歳以上の高齢者は50人以上もいます。」富田氏によれば、村で学校に通う子どもはたったの3人。「ここは希望のない村です。」彼はため息をつく。村には若者が少なく、息子のいない彼もまた、後継者問題で頭を悩ませている。

 知津子さんによれば、子どもの数が減ったことで、学校も閑散とし、生徒数が足りないため、閉鎖せざるを得ない学校もあるという。

 報道によれば、日本では過去10年の間に約200の地域が消失しており、合併を余儀なくされるところもあるという。多くの村には高齢者しかおらず、活気を失い、「死の村」と化す。また、日本の少子化も高齢者数増加の一要因となっている。この状況を打開するため、一部の村々では自主的な対策を行なっているが、先行きの不安は拭いきれていない。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古