2011年9月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:40 Sep 15 2011

中国社会科学院青年学者訪日団第2陣が日本に到着

 2011年中国社会科学院青年学者訪日団の第2陣が12日、日本に到着した。東京では13日、訪日団を歓迎するレセプションが催され、日本各界の関係者が参加した。日本新華僑報のウェブサイトが伝えた。

 レセプションには外務省アジア大洋州局の山野内勘二参事官、中国側代表団の楊光団長(中国社会科学院西アジア・アフリカ研究所所長)、中国駐日本国大使館の孫美嬌参事官らが出席し、挨拶を述べた。

 山野内勘二参事官は、「中国の四川大地震、日本の東日本大地震が発生した際、中日両国は互いに支援・援助を行った。これは中日友好の証と言える。両国関係は戦略的互恵関係であり、協力関係の発展は双方にとって有利となる。中国社会科学院の青年学者の方々の訪日は、双方の交流促進にとって非常に意義がある。代表団の皆さんには日本に触れ、日本を観察し、日本の人々と交流してもらい、今後に向けた貴重なご意見をいただきたい」と述べた。

 楊光団長は、「中秋節の日本訪問には特別な意義がある。中国において中秋節は、収穫の季節でもあり、種蒔きの季節でもある。今回の日本訪問は、中日の諸先輩方が努力して打ちたてた中日友好関係の成果を収穫し、また今後の中日関係に向けて新しい種を蒔くためのものだ。中国の学者は経済、文化、法体系など各方面で日本から多くを学んできた。中国は今後も日本から学んでいかなければならない」と述べた。

 孫美嬌参事官は「日本は工業化国家であり、その調和の取れた発展は学ぶに値する。日本のモデルチェンジ期の苦痛と挫折を分析することは、中国にとって非常に意義のあることだ。中日間の誤解の多くは交流が少なすぎるために起こっている。もし両国の各方面の関係者が互いに相手国を訪れて交流すれば、全く新しい認識が生まれるかもしれない。代表団の人々が交流を通じ、地域・世界的な角度から中日両国関係発展の潜在力を分析してくれることを願っている」と述べた。

 中国社会科学院と各省・自治区・直轄市の社会科学院の研究者50人からなる代表団一行は9月12日から1週間にわたり日本での視察を行う。代表団は「中米関係・日米関係」、「司法協力」をテーマに2つの分団に分かれ、東京、広島、大阪で大学や研究機関の専門家と交流を行うほか、各施設を参観し、日本への理解を深める。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年9月15日 

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古