2011年10月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:39 Oct 10 2011

日本人が抱く孫文像「情に厚く、気概がある人物」

 「一般の大多数の日本人にとって、孫文は歴史の教科書に出てくる革命家であるだけでなく、先祖から聞かされている情に厚く、気概がある古い友人です。」日本の孫文記念会の主任研究員である徐小潔博士はこのように語った。

 3年をかけた計画、史料研究と日本全国での証拠物品収集、整理を経て、日本の学術界から孫文と辛亥革命研究の最新成果として「孫文・日本関係人名録」という一書が今年末に日本で出版されることになっている。このプロジェクトの主要参画者の1人である徐小潔博士は取材で、この本には1000人を超える孫文の日本人友人の氏名、生年月日、孫文との交友記録などが収集されており、学界でこれまで常識とされていた「孫文の日本での友人は300人程度」という数を凌駕する内容になっていると明かした。

 これまでの研究で、孫文の日本人の友人はほとんどが政財界の人物、政治団体構成員、浪人などと考えられていたが、徐博士らの証拠品収集を通じて、当時、更に多くの日本の市井の人々が孫文のアジア主義思想に共鳴して、孫文の革命に無私の援助を惜しまず、また生活の面倒もみていたことがわかった。こうした日本の友人の子孫は今も孫文との記念撮影写真、手紙、書などの史料を大切に保管していたという。

 「たとえば、孫文の胃病を直した高野太吉という医者の子孫は『博愛』という自筆の書を保存していました。1913年、孫文の神戸から横浜への転居を手伝った船員は孫文の題字を保存していました。孫文の歯医者、裁縫などをやっていた人の子孫の家には類似の文物が見つかっています。こうした史料から孫文が非常に情を重んじた人だったとわかります。」

 この日本人名鑑の整理は基本的に宮崎滔天の「三十三年の夢」、外務省史料編纂などの歴史文献の研究によるところが多かった。だが、日本の報道機関からこの人名録の出版予定が発表されたところ、日本全国、北は北海道、南は沖縄から電話、メールが次々と舞い込み、多くの人が主体的に自分の家には先祖と孫文との交流の証拠があると知らせてきた。彼らは祖先と孫文との友誼を非常に誇りに思っていた。

 「これまで、我々は孫文が日本でこれほど多くの民間人と交流していたとは思っていませんでした。彼らの子孫は多くの写真、手紙、書をしっかりと保存していました。孫文の日本での交流の広がり、日本の民間に与えた影響の大きさ、深さは我々の想像を悠に超えていました。」

 こうした日本の友人の子孫にとって、孫文は書籍の中の型にはまった歴史的人物というだけでなく、生活の中で身近な祖先と交流のあった人物であることは間違いない。宮崎滔天の孫である宮崎蕗苳(ふき)さんは、自分にとって孫文は祖母と父親がよく言っていた「背の低い男の人」でしかなかったと言い、梅屋庄吉のひ孫である小坂文乃さんはよく楽しそうに梅屋家で行われた孫文と宋慶齢の婚礼の様子を話す。

 11月1日から12月11日にかけ、神戸の孫文記念館では「日本と孫文」特別展が開催される。ここには選りすぐられた約20枚の孫文と日本の友人の子孫から提供された写真、手紙、書などの実物が展示される予定になっている。

 徐博士によれば、こうした文物の多くは初めて対外公開されるという。この中に孫文が1923年5月に日本人記者、濱野末太郎の取材を受けたあとに書いた「日本国民への手紙」がある。その内容には次の年に孫文が神戸で行った「大アジア主義」の演説と深い淵源がある。「この英文の手紙は宋慶齢が脚色を加えたかもしれない。」と言われている。また、孫文が日露戦争の後、日本の首相だった犬養毅にあてた手紙も公開される。「ずっと民間に流れており、今回初めて見つかったもの。」だという。

 徐博士は特に孫文が辛亥革命後、ヨーロッパから香港経由で上海に戻ったときに撮影した有名な写真を強調する。「この写真に写っている日本人の名前や身分は歴史学会でずっと謎とされてきました。今回の収集で、多くの日本人が電話で写真に写っているのは自分の祖先であると知らせてくれました。」

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年10月10日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古