2011年10月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:59 Oct 11 2011

日本の車改造文化を上海へ~中国史上初の展覧会開催

中国に新たな車文化や技術を紹介しようという意気みが感じられる各ブース

 世界各国の改造車(カスタムカー)を紹介展示するイベント「2011中国・上海カスタムカー展覧会(CHINA AUTO SALON)」が国慶節連休中の10月5日~7日、上海市嘉定区安亭鎮の・上海オートモービル・エキジビション・センターで行われた。安亭は自動車関連企業が集中し、2004年から毎年F1(エフワン)中国大会を行う会場「上海インターナショナルサーキット」があることでも知られる。

 上海では、自動車関連の展示会は数多く開かれているが、「改造車」を前面に打ち出した大規模イベントとなると今回が初めてだそうで、会場には車好きな30代から50代の中国人男性を中心に、1日延べ3000人以上が訪れ、個性豊かな改造車に見入っていた。

 会場外の展示にも大勢の人が集まり、中国人の車に対する関心の高さをうかがわせる

 会場には、改造車やチューニングパーツ、タイヤ・ホイールやその他改造関連商品のブースが大小150ほど並んだ。中央館ではステージ車ショーや抽選会なども行われ、来場者を楽しませていた。日系企業も10社ほどが参加しており、上海市内に店舗や事務所を構える会社を中心に、自慢の改造車やパーツを展示した。日本の車改造の技術を中国で普及させるため、今年上海に会社を設立した耶里芙貿易(上海)有限公司の森島義裕総経理は、「中国の車の改造レベルは、日本の30年前くらい。いま車社会が中国で浸透し、これから自分オリジナルの車文化は来るはず。製造・改造・修理において日本の技術者を呼び、高い技術文化をこれから中国で広めたい」と意気込む。

 また、自動車の改造用部品を製造するエッチ・ケー・エス(HKS)のブースには、有名レーシングドライバーの谷口信輝選手が日本から駆けつけ、サイン会なども行った。他にも日系企業ブースでは、東京国際カスタムカーコンテストの最優秀賞作品などが展示され、多くの来場者が足を留めていた。中国各地でタイヤホイールなどを販売する愛魅翼(上海)貿易有限公司の中嶋恭一郎海外市場総監は、「改造のかっこよさを伝えていければ」と語っている。「今回の初開催ではすべて本物にこだわっており、その考えは出展者にも理解していただきました。各ブースの展示完成度が高く、来場者も多く、大成功ですね」と同展覧会の日本人事務局・東谷敬子氏。今回のイベントは、中国に最先端改造車の魅力を伝える大きなきっかけとなったようだ。

 人民中国インターネット版 2011年10月10日

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古