2011年10月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:27 Oct 11 2011

中検創立30周年記念フォーラム「会員の集い」が開催

「中検フォーラム会員の集い」の会場

 日本中国語検定協会創立30周年を記念する「中検フォーラム会員の集い」が9日午後、東京・千代田区の学士会館で開催された。上野惠司理事長のほか、日本各地の中国語教師100人以上が出席した。「日本僑報」が伝えた。

 同協会は1981年に初めての中国語検定試験を開始して以来、これまでに日本全国・海外から延べ75万人が受験、協会が授与する各級の合格証明書取得者数は延べ28万人に上っている。これらの証書を有する優秀な中国語人材は日本各地、さらには各分野で活躍、日中両国の交流に重要な役割を発揮してきた。

 上野理事長は30年の歴史を振り返り、「1981年の第1回の受験者はわずか60人でした。その後年々増加し、昨年は6万1664人、30年前の実に1千倍以上です。試験会場は国内55カ所、海外8カ所となりました」と語った。

 日本中国語検定協会は日本で中国語検定試験を普及すべく、1987年には季刊誌「中国語の環」を創刊、現在に至るまで、同誌は中国語教師および中国語愛好者から好評を博している。2005年からは日本僑報社・日中交流研究所が主催する「日本人の中国語作文コンクール」を支援、中国語愛好者の作文レベル向上に協力している。

 今回のフォーラムに出席した中日両国の中国語教師らは一同に、日本中国語検定協会創立以来30年の成果を高く評価した。(編集HT)

 「人民網日本語版」2011年10月11日

上野惠司理事長と日中両国の中国語教師が記念撮影。
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古