2011年10月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:27 Oct 13 2011

日本僑報社ミニブログ開通 中日両国に広く配信

 日本僑報社ニュースセンターの公式ミニブログ(微博)は、中国の新浪サイトに開通した。この微博http://weibo.com/qiaobaonews/開通により、同社の中日相互理解と中日メディアへのサービスが新たな一歩となる。

 日本僑報社ニュースセンターは、昨年2月設立以来、沢山の中日二カ国語のニュース記事と写真報道を中日両国のメディアに提供してきた。多くの記事が転載され、各社から好評を得ている。

 日本僑報社は1996年4月に創業を開始し、1999年に出版社として法人登録。以来10年以上にわたり、『温家宝の公共外交芸術を探る』、『日中体験的相互誤解』、『日中中日翻訳必携』、『中日相互理解とメディアの役割』、『新中国に貢献した日本人たち』を含む200点を超える中日書籍を刊行、中日両国に影響力を持つ出版社にまで成長した。

 同社は出版事業を行う一方、日中交流研究所を設立し、2005年から中国人向けの日本語作文コンクール、日本人向けの中国語作文コンクールを主催している。2007年、同社が創設した日本におけるはじめての中国語交流サークル--「星期日漢語角」と翌年に発足させた「中日翻訳学院」は、日本人の中国語学習、特に中国語コミュニケーション能力、翻訳レベルの向上に役に立っているほか、中日民間交流の重要なステージとして機能し、いまや一つのプランドになっている。

 ここ数年来、日本僑報社は中日のマスコミに大量の記事と写真を提供してきた。よりよい発信をするため、日本僑報社は今般、付属のニュースセンターを設立し、毎日取材を行い、記事と写真を公開して、中日両国のメディアに提供するものである。同センターの設立と微博の開通は、日本僑報社にとって、中日交流と華僑華人の活動を報道し、中日両国民の相互理解を推進する新しい一歩となる。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年10月13日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古