2011年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:49 Oct 25 2011

「心連心」国内巡回コンサート、北京からスタート

中日両国で活躍しているamin(アミン、阿敏)さん

 日本のシンガーソングライター・河口恭吾さんの代表曲「桜」は、中日両国の若者にとても人気があり、よく歌われている。北京外国語大学「千人講堂」で23日夜、中国人観客は、日本人歌手が初めて中国語で歌う「桜」に酔いしれた。

 これは、日本国際交流基金北京日本文化センターの主催で開かれた中日交流の窓「心連心」国内コンサートツアー初日の様子だ。NHK紅白歌合戦に出場経験があり中日両国で活躍しているamin(アミン、阿敏)さんと日本で人気が高い河口恭吾さんとのジョイントコンサート形式で行われた。2人は、集まった各大学の教職員や学生、ファンのために、十数曲を披露した。今回のコンサートの主旨は、ポピュラー音楽を「絆」とし、中日両国の若者の「心と心をつなぐ」ことにある。

 コンサートのオープニング曲は、aminさんの持ち歌「大きな河と小さな恋(大河流淌 小小恋情)」。これは、数年前にサントリーのCMで流れていた曲だ。Aminさんは同夜、中国語・日本語・英語の3カ国語で、趣の異なるたくさんの曲を歌い、観客を魅了した。「素朴さ」が魅力の河口さんが舞台に登場すると、観客席はどっと沸いた。彼の曲は、いたってシンプルでゆっくりした時間の流れを感じさせる。ラブソングを得意とする河口さんは、創作スタイルについても語った。

 中日交流の窓「心連心」巡回コンサートは、国内4都市で行われる。aminさんと河口さんは、北京に続き、青島、成都、西寧を訪れ、現地のファンや日本語学習者らのために歌う予定。 (編集KM)

 「人民網日本語版」2011年10月24日

[1] [2] [3] [4]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古