2011年11月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:43 Nov 04 2011

「日中友好シンポ」、鹿児島県で開催

 今年の辛亥革命100周年、来年の鹿児島市・長沙市友好都市締結30周年を記念した「日中友好を語る鹿児島シンポジウム」が2日、鹿児島県で開催された。中日双方の学者、実業家、および地方行政職員が、中日友好の歴史と未来について熱い討論を行った。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 シンポジウムのテーマは「日中友好の歴史を振り返り、日中友好の未来を考える」。作家・石川好氏、伊藤祐一郎鹿児島県知事、森博幸鹿児島市長、陳献春・長沙市副市長、李廷江・清華大学教授ら両国貴賓が、黄興ら辛亥革命に関わった中日の人々や、来年の中日国交正常化40周年に向けた交流の強化について、豊かで建設的な議論を展開した。

 鹿児島県鹿児島市と湖南省長沙市は来年、友好都市関係締結30周年を迎える。シンポジウムに出席した両市行政職員は、地方レベルでの実務交流を通じ、観光・環境保護・農業・教育・都市インフラなどの分野での協力を深め、青少年の文化訪問・交流を通じ、中日両国の子々孫々に及ぶ友好という大事業に微力をささげたい、と語った。

 清華大、鹿児島大の学生および鹿児島市民ら数百人もシンポジウムに参加した。(編集HT)

「人民網日本語版」2011年11月3日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古