2011年11月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:39 Nov 09 2011

日本の被災地の観光はビザ手数料が免除 市民は反応なし

 日本の大震災被災地の北東3県への外国人観光客に対して、ビザ発給の手数料免除の優遇政策が享受できる。このほど、このニュースは観光業者の関心を集めた。しかし、現在まで駐上海日本領事館にはまだ関係通知が届かず、上海の旅行会社も様子見の態度という。 

 東北地方の観光業をサポートするため、日本の外務省は15日から、来日する外国人が3県のいずれかの県を、観光などを目的に査証を申請した場合、特例措置を取る。政策実施期間は5年間だ。新規定によると、岩手、宮城と福島の3県を訪ねると、航空券予約などの証明材料で、3000円(約250元)の一般査証、あるいは6000円(約500元)の数次査証の手数料が免除される。 

 しかし、駐上海日本総領事館によると、まだ関係の通知が届いていないという。現在、大部分の旅行機構は団体コースがほとんどで、被災地には行かない。上海国旅の関係者は、初めての旅行客は日本の北海道、東京、本州などコースを選択しており、被災地の3県はメーンの目的地ではなく、僅か一部の自由コースしか行かないと紹介した。 

 被災地以外に、日本の本州地域、北海道、沖縄の観光市場は相対に良い。途牛観光ネットのスタッフによると、現在、日本コースは主に紅葉、温泉、スキーが目的で、若者からの相談が多かった。同時に、春秋国旅、青旅など大手旅行会社によると、日本観光は震災発生前の6~7割に回復したという。

 東方ネット日本語版 2011年11月9日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古