2011年11月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:03 Nov 23 2011

加藤嘉一氏が武漢大で講演 「中国人は忙しい」

 1984年に生まれた彼は、北京大国際関係学院を卒業後、論評・コラムをこなし、日中英3カ国語に精通、同時通訳までこなす。中日関係の民間ウォッチャー・加藤嘉一氏だ。19日夜、武漢大で行われた加藤氏の講演会に2千人以上が詰め掛けた。「長江日報」が伝えた。

 日本人はどのように中国をみているのか?加藤氏は「日本人の崇拝する中国文化は実は古代文化だけ。中国の現在の文化については、多くの人は模様眺めの状態」と語った。加藤氏は、ベストセラー小説でドラマの「蝸居」、ドラマ「裸婚時代」を見れば、中国人は「住宅」「仕事」「伴侶」の3つをあくせくして捜し求めていることが分かる、と指摘した。

 中国はなぜノーベル賞受賞者を育成・輩出しないのか?この問題も往々に中国人を悩ませる。加藤氏は、中国の現在の教育体制が輩出する学生には「まじめ」「実用主義」「功利主義」の三つの特徴があると述べ、「人才は貯めておく存在ではなく、発揮するための存在」と語った。(編集HT)

 「人民網日本語版」2011年11月23日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古