2011年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:25 Dec 07 2011

愛の感動劇!一人の日本人の中国への恩返し

山東省博山区北コ山村

 60年以上前、戦争が終わりを告げようとしていた時、日本人開拓団の孤児で、当時3歳だった横山三郎さん(中国名・王毓福)は吉林省長白山の雪の中に遺棄され、死に瀕していた。それを王希順さんが自らの生活苦も顧みず、命を助けて育てた。

 戦争で世の中は乱れており、王さんはすべてを捨て、横山さんを抱えて遠い故郷の山東省博山区北コ山村へ戻った。

 帰郷後、王さんは横山さんをわが子として育て、汗水流して稼いだお金で横山さんを学校に行かせ、その後、結婚の際も新築の家を建ててやった。

 横山さんは努力して学校を卒業後、地元の山間部の小学校で教員になった。改革開放後、その仕事ぶりから都市部へ異動となり、国家幹部となって博山区政協委員連絡室主任、区政協委員を担当、淄博市人大代表にも選出された。

 横山さんの仕事が軌道に乗る頃になると、父親もすでに年老い、晩年を安らかに過ごせるよう当初の誓い通り手厚く父親の面倒をみた。

 80年代、横山さんは偶然自らの身の上を知り驚いた。心の中で、どうしてずっと本当の事を教えてくれなかったのか父親に不満を抱いたが、落ち着いてみると、自分の浅はかな考えを恥じた。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古