2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:40 Jun 15 2012

国交正常化40周年 中日友好のパンダを仙台へ

子どもたちの署名を展示している近藤真彦さん

 2012年は中日国交正常化40周年、またパンダの初来日から40周年にあたる重要な年だ。野田佳彦首相は昨年のクリスマスに初めて中国を訪問した。今回の旅で野田氏は特殊な任務を担う。それは、中国のパンダを東日本大震災による被災地の子どもたちにもたらすことだ。

 野田首相 一生懸命頑張る

 2012年中国からジャイアントパンダを迎える候補地とされているのは、東日本大震災の被害を受けた仙台市の八木山動物園。

 12月22日午前、仙台市・伊藤敬幹副市長とタレントの近藤真彦さん、黒柳徹子さんが首相官邸を訪れ、今週末から訪中する野田首相に対し中国から二頭のパンダ誘致について政府の協力を要請した。近藤さんによると、野田首相は「夢が実現するよう一生懸命頑張る」と述べたという。

 今回のパンダ招致について、日本側としては来年の国交正常化40周年に向け、中日関係のシンボルとしたい考えだ。現在、両国政府はこの件に関する打ち合わせを始めたという。

 近藤 パンダからもらったラッキー

 ジャニーズ事務所所属の歌手、俳優であり、また同事務所の取締役でもある近藤真彦さんは、80年代アジアで一世を風靡したアイドル。プリシラ・チャンが歌い大ヒットした『夕焼けの歌』(中国語タイトル:『千千闕歌』)など、多くの曲が香港の歌手からカバーされ、中華圏でも人気を集めた。近藤さんは中国からのパンダ誘致に大きく尽力している。日中パンダ友好事業国民委員会のメインキャラクターを務める彼は、今回のパンダ誘致プロジェクトの提案者の一人として活躍しているほか、自身もパンダとは切っても切れない深い縁があるという。数年前、長きにわたり父親になることを願っていた近藤さんは和歌山県へジャイアントパンダを見に行った後、すぐに子どもを授かったという。これをパンダからもらったラッキーだった、と言う。近藤さんは、中国からのパンダ誘致が実現したら、ブログを通じてパンダたちの日本での生活を記録する考えも示した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古