2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:42 Jun 15 2012

日本の観光業界は復興したか?3800元の日本ツアーも登場 (2)

 東京にある中華料理店は中国人観光客が命

 日本政府は2003年に「観光立国」戦略を打ち出した。2013年までに外国人観光客を3000万人に増やすことを目標に「観光立国推進基本法」を発表し、観光業界の発展に力を入れ始めた。その目標達成に中国の存在は欠かせない。

 銀座を回ってみると、1丁目から8丁目までどこをみても中華料理店がある。ガイドによると、中国人観光客に来てもらうためだそうだ。

 張さんによると、東京の中華料理店は日本人が開いたものであり、店長は中国語で挨拶してくれたという。店を出るときには頭を下げて見送ってくれたそうだ。

 中国語で案内 入場料も安い

 張さんたちは温泉、レストラン、ホテルが一体となった大江戸温泉に泊まった。ホテルはどの部屋でも中国のテレビが見られ、また、中国語ができる人がいたという。張さんは、「中国人観光客への配慮をいたるところで感じた」と話した。

 最後は芦ノ湖で遊覧船に乗り、美しい自然と富士山を見た。遊覧船ツアーは入場券と乗船券を合わせても5000円に満たない。ガイドによると、震災以降、価格を2000円ほど安くしたそうだ。

 旅行会社によると、震災後、観光地でかかる入場券などの費用は数百元ほど安くなったという。震災前のツアーは約7000元だったが、今年はわずか4000元前後、3800元という旅行会社もある。価格は約半値になっており、今もまだ回復していない。今後も、日本へ旅行する長春市民は増えそうである。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年1月17日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古