2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:44 Jun 15 2012

程永華大使、日中友好協会の新年会に出席

 2012年1月18日、程永華駐日大使は日中友好協会と東京都日中友好協会が共催する新年会に出席した。加藤紘一日中友好協会会長、村山富一元首相、谷垣禎一自民党総裁、江田五月日中友好会館会長、中野譲外務大臣政務官、宇都宮徳一郎東京都日中友好協会会長ら各界の関係者300人近くが出席した。

 程大使は次のようにあいさつした。年の始めに、日中友好協会および日本の各界の友好人士と一堂に会し、「龍(辰)年」を共に迎えることができたいへん嬉しく思います。中国大使館を代表し、中日民間友好の第一線で活躍される友人の皆様に謹んで新年のごあいさつを申し上げます。日中友好協会はじめ各友好団体の長年にわたる中日友好事業のための変わらぬ尽力と中日関係の発展を推進するための多大な貢献に対し、心より感謝を申し上げます。龍は、中国では飛躍の象徴です。龍年の今年、中日関係が大いに飛躍を遂げるよう願っています。

 程大使は次のように述べた。昨年、日本では未曾有の地震、津波、原発事故という災害に見舞われ、多くの人命と財産が失われました。日本人民は厳しい試練にねばり強く立ち向かい、震災から10カ月余り、復興事業が進んでいます。日本人民が必ず郷土を早期に再建できると信じています。中国も日本の被災地の復興を引き続き支援し、参加するでしょう。日本人民の苦難を中国の政府と人民はわがことのように受け止めています。両国人民は自然災害に互いに心から助け合い、苦難を共にし、両国人民の心の絆を強め、友好的感情を高めました。昨年12月、野田首相が中国を訪問し、成功を収めました。胡錦涛主席、呉邦国委員長、温家宝首相がそれぞれ野田首相と会談しました。双方は幅広い分野で多くの共通認識(コンセンサス)に達し、中日の戦略的互恵関係を深めました。まさに温家宝首相が指摘したように、「中日は良き隣人、良きパートーナーであるべきで、ライバルになるべきではない」。現在、両国は共に多くの複雑で厳しい挑戦(試練)に直面しており、手を携えて対処し、共に努力し、相互信頼を積み重ねていかなければなりません。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古