2012年1月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:58 Jan 30 2012

日本デパート業界、春節中国人観光客「囲い込み」

 22日から始まった春節(旧正月、今年は1月23日)連休を利用して多くの中国人観光客が日本を訪れた。絶好のビジネスチャンスとあって、日本各地の大手デパートはバーゲン・特別セールなどで中国人観光客の争奪戦となった。今月下旬の中国人観光客の訪日は、日本のデパート業界にとって起爆剤となり、一大商戦が沸き起こった。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 春節連休の開始に伴い、訪日する中国人観光客は激増、日本各地の観光地・ショッピングエリアの至る所で中国人観光客の姿が見受けられた。東日本大震災発生後しばらくの間、日本観光をする中国人観光客は減り続けていたが、最近になり大幅な回復がみられ、日本の各大手デパートは春節長期連休で訪日する中国人観光客の囲い込みのため、商戦は白熱化した。

 春節期間中、東京・池袋周辺のホテル宿泊者数は昨年同期比2.5倍となった。東京・お台場の各大型ショッピングモールは中国人観光客によりきめ細やかなサービスを提供すべく、中国語対応可能な従業員を増やした。

 日本百貨店協会(JDSA)の統計によると、東日本大震災後に急速に減少した中国人観光客数は、春節期間中に平年の9割前後に回復した。また日本の大手機関は、春節期間中に訪日する中国人観光客により、小売業界の売上高は10%以上の増加が見込める、と指摘している。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年1月30日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古