2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:46 Jun 15 2012

日本の学者は率先して戦争史の再認識を

資料写真:中日共同歴史研究委員会第1回会議

 中日共同歴史研究に参加する2人の著名な日本人学者を接待した。二人は中国人民抗日戦争記念館を見て回った後、日本が中国を侵略した写真を展示する際、できるだけ血なまぐさい場面の写真を少なくし、中国の参観者、特に青少年にあまり刺激を与えないようにしてほしいと要請した。言下には、愛国主義教育基地を「反日」教育基地にしないでほしいとの意が込められていた。こうした言葉が日本政府やメディアから出ても不思議ではないが、歴史研究に携わる日本人学者の口からこうした言葉を初めて耳にして驚いた。

 日本人学者が中国の抗戦関連記念館の歴史展示と歴史教育に対して懸念を示したのは近年の事だ。こうした言葉が出るのは次の4つの原因がある。

 (1)日本のメディア或いは政府関係者が中国の歴史教育の世論環境を非難するためだ。中国の抗日関連記念館は「反日」教育基地だという言論は05年に日本のメディアで集中的に出てきた。こうした声ややり方は一般の日本国民、さらには歴史学者を誤った方向に導いている。

 (2)長期的に中国侵略の歴史の罪を否定・隠す社会環境があるためだ。筆者は日本に訪問するたびに書店を見て回るが、日本の右翼勢力が出版する著作が歴史書の大部分を占め、正確な歴史認識をしている書籍は非常に少ない。ここ数年、右翼勢力が編集した教科書の使用範囲が拡大しており、右翼勢力の歴史観が日本で徐々に正確な歴史観として蚕食しつつある。こうした社会環境が日本の学界を含め社会各界に影響している。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古