2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:46 Jun 15 2012

日本の学者は率先して戦争史の再認識を (2)

中国人民抗日戦争記念館

 (3)日本の戦争被害者としての意識。日本の戦争関連記念館の歴史観は3分割できる。1つ目に戦争被害者としての歴史観。広島・長崎の「原爆」をテーマにした2つの記念館を代表とし、戦争加害者が戦争被害者に粉飾している。この歴史観が日本の主流で、大多数の日本人に影響している。2つ目に「侵略戦争は理にかなっている」と吹聴する歴史観で、靖国神社の遊就館や日本各地の戦争遺跡がその代表だ。3つ目に戦争加害者としての歴史観。沖縄平和記念館がその代表で、日本の侵略戦争がアジア各国にいかに災難をもたらしたかを正しく反映し、侵略戦争の罪を反省している。ただこうした記念館は日本では極めて少なくその影響も微々たるものにすぎない。

 (4)日本の学術界の研究方法は小さな所や細部から着手し、歴史の事柄を描写する過程を重視する。こうした方法にはメリットもあるが、細部にだけこだわり、歴史事件の性質には関心を向けないため、ミクロの研究ではあるが、マクロの研究ではなく、歴史事件に対する総体的認識に影響を与える。

 中日間では記憶、描写、歴史を伝える方法が違い、各レベルの歴史認識である程度の差があるが、学者は史実を尊重し、真理を追及する態度を取り、独立・冷静に研究を深め、客観的かつ公正な研究成果を出すべきで、メディアや政治、社会環境の影響を絶対に受けてはならない。日本の学者が率先して本国の歴史教育を再認識し、日本社会の歴史認識を正しく導かなければ、中日の国民感情が歴史問題の壁は乗り越えられないだろう。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2012年2月9日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古