2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:48 Jun 15 2012

在日中国人棋士・孔令文氏、合作映画「東京に来たばかり」」をPR (2)

映画「東京に来たばかり」の舞台写真

 蒋監督によると、主人公「吉流」の日本での経験というのは、監督と孔令文氏の東京での経験をもとにしたものという。蒋監督は早くに日本に留学、映画理論と制作を学び、修士号を取得、日本映画界の巨匠・今村昌平監督に師事した。蒋監督は「監督として映画を撮り始めた頃、今村監督が授業で私の創った作品を学生たちに見せたことがありました。私自身も、初めて東京に来たばかりの頃の気持ちを、この作品にありのままに込めました」。

 「東京に来たばかり」はすでに中国で公開され、来月下旬に日本各地でもロードショーが始まる。囲碁少年「吉流」が、囲碁の大家・五十嵐老婦やその孫・翔一と東京で出会い、親子の愛や友情、愛情の火花を散らす物語。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年2月20日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古