2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:52 Jun 15 2012

東芝、中国で小学校建設を支援 17校目が落成

 東芝グループの出資で建設された17校目の「東芝希望小学校」がこのほど、山東省東明県玉皇廟村で落成した。落成式には、中国側から中国青少年発展基金会希望小学部の李亜東・部長、沛県共産党委員会の王成長・副書記、日本側から株式会社東芝(東京都港区)の桐山輝夫執行役常務(中国総代表)が出席、共に「東芝希望小学校」の表札を掲げた。人民日報の国内外金融情報紙「国際金融報」が伝えた。

 桐山常務は祝辞で、「児童の皆さんが美しい環境の中、未来への期待と夢を抱き、教科書から知識を学ぶ以上に、多くの楽しみを感じて成長してくださることを望みます」と寄せた。

 東芝は高度な社会的責任感を有する企業として、一貫して「CSR(社会的責任)推進」を経営方針に掲げ、全世界各地で事業活動を展開している。中国では、とりわけ教育をCSR活動の重点として関心を寄せており、あらゆる角度から支援を続け、現地社会の進歩・発展の推進により、調和ある社会の実現のために貢献したい、としている。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年3月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古