2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:58 Jun 15 2012

「回顧中国 辛亥革命100周年美術展」開幕 東京

 「回顧中国 辛亥革命100周年記念総合美術作品展」が27日、日中友好会館(東京都文京区)で開幕した。中国文化部恭王府管理センターの孫旭光・主任、財団法人・日中友好会館の村上立躬理事長、中国駐日大使館の何静・文化参事官が式辞を述べ、テープカットした。開幕式に出席した両国各界の友人100人以上が作品を鑑賞した。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 辛亥革命100周年記念にちなんだ同美術展は、中国美術家協会、全国政治協商会議(全国政協)書画室、文化部恭王府管理センターが主催、黄山美術社が共催した。中国国内の各芸術団体、さらに大学美術教授らが辛亥革命をテーマに創作した中国画、油絵、版画、現代画などの作品約100点が出展された。

 同美術展は昨年末、広州美術学院美術館(広州市海珠区)、湖北美術館(湖北省武漢市)、北京恭王府(北京市西城区)ですでに催されたほか、同10月8日から18日には中国美術館(北京市東城区)を主会場に、特別招待創作作品、さらには各会場で選出された優秀作品、辛亥革命旧跡・遺跡などの文化財に関する研究成果も公開された。

 黄山美術社の陳建中・社長は、「今回の国内外大巡回展の特徴は、辛亥革命の歴史的風貌の世界をテーマに創作された作品の数々が披露された初の企画展であり、重大な歴史的テーマが美術創作に融合した総合美術展としても初めて。『記念と保護』というキーワードを切り口に辛亥革命の歴史を振り返り、歴史的脈略に沿って巡回展を催す。こうして絵画を通じて歴史の変革の足跡をたどることは、両岸(大陸部と台湾)関係の平和的発展や祖国統一の大業、ひいては中華民族の偉大な復興の実現につながる」と寄せている。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年3月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古