2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:58 Jun 15 2012

「地上の天宮 北京故宮博物院展」開幕 八王子

中国国家一級文化財・南宋「女孝経図」に見入る人

 「地上の天宮 北京故宮博物院展」巡回展が29日、東京富士美術館(東京都八王子市)で開幕した。前日28日にはメディアおよび芸術関係者に公開され、程永華・中国駐日大使が祝辞を述べ、多くの人が鑑賞に訪れた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 中日両国の国交正常化40周年記念事業として、中国の文化部、駐日大使館、日本の外務省、文化庁が後援する同巡回展は、「故宮の后妃たち」「故宮の子どもたち」を二大テーマに、絵画、工芸品、服飾、宝石など約200点を展示。その多くが中国国家一級文化財。

 巡回展は昨年夏より日本全国の主要都市で始まり、今回が最終回となる。

 展示品の中でも最も貴重なのが、南宋時代の宮廷画家の作品「女孝経図」。古代中国女性が儒家思想を受け教育される様子が描かれた9枚の絵巻で、海外出展は初めて。
 
 また清朝・慈禧太后が描いた梅の花、同治皇帝が描いた馬、瑾妃が描いた桃なども注目を集める。皇后・后妃が用いた贅を極めた食器類や清朝宮廷の子どもたちの玩具、皇后婚礼の衣装などにも、来場者は高い関心を寄せ、見入っていた。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年3月30日

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古