2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:59 Jun 15 2012

日中共同桜友誼林保存会 江蘇省無錫で桜植樹

 日中共同桜友誼林保存会の第25回友好訪中団は31日、中国江蘇省無錫市を訪れ、江南大学で桜の植樹を行った。

 今年は中日国交正常化40周年にあたるが、日中共同桜友誼林保存会の中国における桜友誼林建設活動も25周年を迎えた。無錫の太湖岸に位置する「中日桜友誼林」はこの保存会の支援で築かれ、中国国内で一番の桜の名所となっている。

 これまで、桜の植樹活動は無錫市の他、北京、上海、南京、大連などでも行われている。新発田豊会長の話によると、1988年から25年間に延べ8285人の団員が13,535本の桜の苗木を中国各地に植えており、毎年、各地で桜祭りが盛大に行われ、日本の相撲や踊りが披露されているということだ。

 また、新発田豊会長は、保存会の創始者・故長谷川清巳前会長の遺言を守り、平和のシンボルである「桜」の植樹を続け、過去の不幸な歴史を二度と起こさないとの思いを子々孫々に伝えたい。また、日中両国民の幸せと世界平和に貢献したいと述べた。

 なお、日中共同桜友誼林保存会は、毎年、「友誼林」建設を行うほか、地元の小学生との交流も行っており、過去3回、中国の小学生訪日団を日本に招待した。

「中国国際放送局日本語部」より 2012年4月3日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古