2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:59 Jun 15 2012

中国人観光客は日本義援のATMになるべきではない

 被災地となった3県を訪問する中国の観光客に対し、日本政府はマルチ往復ビザを発行する計画を立てている。表面的には、政権党である民主党が、中国人観光客に対する旅行ビザの敷居を低くしているように見える。近年、日本に訪れる中国人の団体旅行や家族旅行、個人旅行に対するビザ条件の緩和や、沖縄のマルチビザ措置が行われてきた。これは日本が進める「観光立国」戦略を成功させるための方策である。しかし中国人観光客に対するこのような日本観光の「勧誘」には、真意を疑わせるものがある。少なくとも責任感の欠如を感じるのだ。

 東日本大震災がもたらした津波と福島原発事故に起こった放射能漏れは、日本に対し、地震、津波、放射能漏れという「三位一体」の打撃を与えた。放射能漏れ事故は、日本が長期的に宣伝してきた「安全神話」を崩壊させた。国際社会は、旅行から食品まで、日本を敬遠するようになった。

 このような局面を打破するため、日本は数多くの努力を重ねてきた。その中心となる内容は、日本はやっぱり「安全」です、日本からの輸入食品を「安心」して食べてください、外国人観光客も安心して日本旅行を楽しんでください、というものだ。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古