2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:00 Jun 15 2012

第7回「中日友好の声」日本語大会決勝が開催

第7回「中日友好の声」日本語大会決勝が天津外国語大学で開催

 第7回「中日友好の声」全中国日本語弁論グランドチャンピオン大会が8日、天津外国語大学(天津市河西区)逸夫楼学術報告ホールで開催された。北京外国語大、上海外国語大、南開大、吉林大など全国18大学から20人が出場、激戦の結果、上海外国語大の学生・呉月順さんがグランドチャンピオン特等賞の栄冠に輝いた。人民日報のウェブサイト「人民網」が伝えた。

 今大会は天津外国語大、華夏未来(キャセイ・フューチャー)少年児童文化芸術基金会、中国国営ラジオ局・中国国際放送局(CRI)、日中青年交流センター(北京市朝陽区)、東方通信社(東京都千代田区)が共催した。

 全国日本語教学研究会の修剛・会長(天津外国語大校長)が開幕式であいさつし、在中国日本国大使館、中国駐日本国大使館からも祝電があった。全国日本語教学研究会の王健宜・副会長(南開大教授)、グループサウンズ「ザ・タイガース」元メンバーで中国語に堪能な日本の著名ミュージシャン・瞳みのる(本名・人見豊(ひとみ・みのる))氏、全日空の稲田健也上席執行役員(中国統括室長兼 北京・天津支店長)ら両国専門家・著名人9人が審査委員を務めた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古