2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:02 Jun 15 2012

鑑真ゆかりの中国・大明寺に本格茶室 日本人の寄付で (2)

 茶が中国から日本に入り、茶道として栄えたことと鑑真和尚とは永遠の縁がある。谷村さんは日本で茶室建立費用1800万円を募り、建築家・西尾雅敏氏のほか、和の匠を有する大工4人に設計・施工を依頼した。

 茶会当日、日本各地から訪れた女性達が目を引いた。職業はさまざまだが、いずれも日本茶道界の「師範」級だ。ボランティアとして、旅費まで手弁当で駆けつけた彼女達は、喜んで茶を点てた。

 谷村さんは北京大(北京市海淀区)、蘇州大(江蘇省蘇州市)の招聘(しょうへい)を断り、大明寺で今後、日本の茶文化を中国全土に広めたいとしている。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年4月13日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古