2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:02 Jun 15 2012

在日中華メディア「隣人新書」 第20作出版

 在日中国系メディア「日本僑報電子週刊」第1026号は11日、「隣人新書」第20作刊行を発表し、読者の関心を集めた。「日本僑報」が伝えた。

 「隣人新書」シリーズは、中日国交正常化30周年と中日平和友好条約締結25周年を記念し創刊された。2003年に発表された第1作は、日本財団(東京都港区)笹川陽平会長の「2千年の歴史を鑑として---21世紀における日中民間交流のあり方」。

 中日両国旗が表紙を飾る「隣人新書」は第1作出版以降、中日両国で広く関心を集め、両国民の相手国に対する理解のために良質な情報を提供し、「ポケットに入る中日交流の必読書」と称されている。

 今年6月に出版される「隣人新書」第20作は、「長江中下流域の人々と貴州省少数民族との関連を求めて」。貴州省の少数民族文化を紹介する初の日本語書籍であり、日本の著名学者・西村武氏が上梓した。

 日本僑報社は「中日国交正常化40周年に際し20作目が出版されたことは、非常に意義深い。本叢書(そうしょ)は今後、中日両国民の相互理解促進にさらなる大きな役割を果たし、両国の子々孫々の友好を促すでしょう」と期待を寄せている。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年4月12日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古