2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:04 Jun 15 2012

日本最古の孔子廟で「春の釈菜」 佐賀県多久市

 佐賀県多久(たく)市の現存する日本最古の孔子廟(こうしびょう)「多久聖廟(たくせいびょう)」で18日、伝統行事「春の釈菜(せきさい)」が営まれた。地元の財団法人「孔子の里」が主催、多久市の横尾俊彦市長が主祭「献官」となり、山本茂雄市議会議長、江口吉則教育委員長ら市要職が祭官を務めた。中国駐福岡総領事館の李天然・総領事が招かれ、祭典に出席した。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 多久市は「日本の孔子の故郷」との誉れを受け、市民は孔子に対してとりわけ敬意を寄せており、多久聖廟は日本で現存する最古の孔子廟として、300年以上の歴史を有する。修復が重ねられてきたが、建立当時の堅牢な姿はそのまま。国重要文化財となった現在、孔子像もまた多久市の重要文化財となり、毎年の春と秋、同市は聖廟内で孔子を盛大にまつっている。

 孔子が縁となり、多久市は1993年、山東省曲阜市と姉妹都市となった。友好関係樹立後、両市間の往来は活発化し、経済・教育・文化・スポーツなど各分野で幅広い交流・協力関係を築いている。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年4月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古