2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:06 Jun 15 2012

「中日香道文化交流会」開催 東莞

 「中日香道文化交流会」が1日、広東省東莞市寮歩鎮で盛大に開幕した。寮歩鎮共産党委員会の何紹田・書記ら要人、日本から訪中した「志野流」代表のほか、中国香文化の専門家、東莞市沈香(じんこう:漢方薬の一種)協会、中国各地の沈香界の各代表が出席した。広東紙「南方日報」のウェブサイト「南方網」が伝えた。

 東莞では古代より沈香生産が盛んで、「莞香」とも呼ばれ、明代・清代には当時の首都(南京・北京)や蘇州・杭州のほか、東南アジア、中東などへの貿易が賑わった。「中日香道文化交流会」は「莞香」文化の構築を力強く促し、中国伝統の香文化を伝承・発展させることが目的。

 何書記は「香道文化は古代の人々の薫香風俗から生まれ、日本へ伝来した後に新たに芽生え、華道、茶道に並ぶ『三大雅道』のひとつとなりました。今回の交流会では、香道文化を紹介する国際的な舞台をつくり、香道文化を発展させると同時に、中日両国民の友情をさらに深め、専門家・学者の方々の交流・協力を強化し、『莞香』文化を高水準で推進することにより、寮歩鎮を世界の香の都に育て上げることを目指します」と寄せた。

 会期中、中国香文化の専門家・石徳義氏、日本の「志野流」蜂谷宗苾(はちや・そうひつ)氏が香道を披露した。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年5月4日

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古