2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:08 Jun 15 2012

鹿児島市民チャーターツアー団が長沙市訪問 姉妹都市30周年

 中国湖南省長沙市を訪問中の鹿児島市民チャーターツアー団は5日、同市の陳沢琿・副市長(市共産党委員会常務委員)と面会した。団長の大平和久元鹿児島副市長(鹿児島市社会福祉協議会会長)は、「長沙は3度目ですが、変化の大きさに驚きました」と述べた。長沙紙「長沙晩報」が伝えた。

 今年は長沙市と鹿児島市の姉妹都市30周年にあたる。この間、両市の交流は頻繁に行われ、交流分野は徐々に広がり、人材育成・経済貿易・文化・教育・スポーツなどで豊かで実りのある交流と協力が推進された。両市間の貿易は主に、特産品・漢方薬・蜂蜜などで、毎年数百万ドルに達する。長沙市の11の海外友好都市のなかでも、鹿児島市との交流は最も密接で、成果を挙げた。

 今回に先立ち鹿児島市は、市民チャーターツアーを5回、長沙市に派遣した。年内に入りツアーに参加した鹿児島市民は延べ112人。公務員や会社員が主体となっている。

 大平元副市長は会見終了後、鹿児島市の森博幸市長が長沙市の張剣飛・市長(市共産党委員会副書記)に宛てた書簡を読み上げ、今年10月30日に鹿児島市で開催される姉妹都市30周年記念事業へ張市長を招待した。

 陳副市長は会見後、「長沙・鹿児島の両市は過去30年来の友好交流の成果を糧に、ノウハウを顧み、未来に目を向け、手を携えて努力し、両市の長期的な友好・互恵協力に新たな輝きを添え、新たなページを記したい」と期待を寄せた。(編集HT)

「人民網日本語版」2012年5月8日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古