2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:08 Jun 15 2012

アジア経営の神様・稲盛和夫氏、重慶で来月講演

 今年80歳を迎えたアジア経営の神様・稲盛和夫氏が来月2、3日、重慶市を訪れ、大規模な経営哲学セミナーが催される。主催する重慶外事僑務弁公室が10日明らかにしたところによると、日本側および中国側ビジネスマン1千人以上が重慶大劇院(同市江北区)に集まり、稲盛氏の経営哲学による心得と実践について交流する。重慶紙「重慶晩報」が伝えた。

 65歳で経営の第一線を退いた稲盛氏は、これまで公益事業に心血を注いでいる。中国のビジネスマンを支援すべく、2010年以降、氏は北京・青島・広州・大連に赴き、「経営にはなぜ哲学が必要か」「経営十二条」「アメーバ経営」そして「会計七原則」をテーマに講演を続けている。

 重慶での講演には、自動車大手・長安汽車(同市江北区)の徐留平・董事長(会長)、調理器具大手・方太集団(FOTILE:浙江省寧波市)の茅忠群・総裁ら、多くの重鎮が招かれる。

 講演テーマは「リーダーの資質」。稲盛氏は、「リーダーの資質は組織に対し巨大な影響を有する。いかなる組織にかかわらず、組織の指導者が組織の盛衰を決める。落ち着きがリーダーの第一の資質、豪快さが第二の資質、聡明さが第三の資質」と指摘する。

 稲盛氏によると、高尚で情に厚く、事物を深く探求する人物をリーダーに抜擢するのが成功の秘訣という。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年5月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古