2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:11 Jun 15 2012

裏千家、「和敬清寂」を披露 貴陽

 第13回「中日友好交流会議」開催中の25日、茶道裏千家(うらせんけ)の師範が中国貴州省貴陽市を訪問、主人と客が互いの心を和らげてつつしみ敬い、茶室の品々や雰囲気を清浄にする「和敬清寂(わけいせいじゃく)」という茶道の神髄を地元市民に披露した。ニュースサイト「中国新聞網」が伝えた。

 「中日友好交流会議」にあわせ訪中した裏千家・清水宗宏正教授は、「茶道は日本の社会文化のひとつの縮図であり、道教・陰陽道・儒教・仏教・神道・キリスト教などの思想が融合している。日常生活の隅々に浸透している」と紹介。「裏千家は『和』を重んじることで知られている」とした上で、今回の交流イベントに参加した目的について「人とうまく付き合うコツを来場者に伝えること。互いの心を和らげて共につつしみ敬うという人付き合いの術は、今日の幸福を広げる人生の指南となる」と語った。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年5月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古