2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:13 Jun 15 2012

第7回「日中ジャーナリスト交流会議」 差異尊重・理性独立

 第7回「日中ジャーナリスト交流会議」が4-5日、沖縄県名護市で開催された。「中国新聞社」が伝えた。

 中国側は中国新聞社の劉北憲・社長を団長に、中国中央テレビ(CCTV)の白岩松・論説委員、中国青年報の陳小川・編集長、マーケティングコンサルティング企業・零点研究諮詢集団の袁岳・董事長ら10人が出席した。日本側からは日本経済新聞の田勢康弘(たせ・やすひろ)客員コラムニストを団長に、産経新聞の乾正人(いぬい・まさと)編集長兼論説委員、読売新聞の飯塚惠子・編集委員ら8人が出席した。

 2日間の交流会議で双方は、中日関係の過去と未来をめぐり、メディアが果たす役割について討論した。また今回の開催地が沖縄であることから、沖縄の中日関係に対する影響についても、深く討議された。

 対話の中で双方は中日関係の現状について、第三段階の発展期に入ったとの認識で一致した。1980年代の蜜月期でも、21世紀初期の激しくせめぎ合う時期でもなく、安定的交流時代となった。最も重要なのは、両国メディアが敏感な問題の報道に当たり、適度に自粛することを覚えたことだ。これは、国交正常化40年の歩みを通して学んだ心得といえる。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古