2012年7月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:33 Jul 02 2012

「日本舞踊と和太鼓公演」が開催 日本大使館

 「2012年国交正常化40周年記念」「2012日中国民交流友好年」認定行事として、「日本舞踊と和太鼓公演」が7日夜、在中国日本国大使館(北京市朝陽区)多目的ホールで開催された。人民日報のウェブサイト「人民網」が伝えた。

 日本舞踊五大流派のひとつで300年以上の歴史を有する「西川流」師範、そして日本福祉大学付属高校(愛知県知多郡美浜町)和太鼓部「楽鼓(らっこ)」の教員・生徒が、来場者100人以上に本格的な日本の伝統文化を披露。中国・中央民族大学(北京市海淀区)舞踏学院の学生約20人も日本舞踊「鈴の舞」を演じ、注目を集めた。

 「西川流」師範・西川真乃女(にしかわ・しのじょ)さんは2006年、中央民族大学で日本舞踊の講義を始め、「西川流」師範らを率い、学生達にきめ細やかな指導を続けている。西川さんは、「皆さん飲み込みがとても速いですね。日中の文化交流に少しでも貢献できて心より嬉しく存じます。2007年末には、私ども流派は中央民族大学で、中国初公演をさせていただきました」と語った。

 「日本舞踊と和太鼓公演」は10日にも、中央民族大学で開催される。また同大の学生達による訪日公演が今年8月、愛知芸術劇場大ホール(名古屋市東区)で予定されている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年6月8日

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古