2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:14 Jun 15 2012

中日文化交流イベント開催 江西財経大学付属中学にて

隊員とボランティアの学生たち

 3月29日に江西財経大学付属中学にて、中日国交正常化40周年記念として、中日文化交流イベントを開催しました。以前から交流のあった財経大学の学長に、初等中等教育で活動をしたいと話をしたところ、付属中学と話をつないでくださいました。そして、財経大学の准教授(日本に留学経験あり)が私と付属中学の書記との間を取り持ってくださり、開催に至りました。

 事前に私が活動する江西青年職業学院の日本語科の学生8名と内容を考え、練習しました。当日は中学1年生全員、約200名が参加してくれました。また、江西財経大学の日本語科の学生も参加してくれました。

 まず、冒頭部分で中日国交正常化40周年の紹介をしました。「今年は日本と中国にとって記念の年ですが、どんな年でしょう」と尋ねたところ、事前に先生から聞いていたようで、みな知っていました。その後の構成は大きく分けて3つ。1つ目は簡単な日本語の紹介。紹介したのは「こんにちは」「誕生日おめでとう」「ありがとう」「さようなら」です。アニメを見て、知っている学生もいましたし、熱心に慣れない日本語(ひらがな)を写している学生もいました。そして、誕生日の人がいるか尋ねたところ、当日誕生日の生徒が1人いて、みなで日本語を使って「誕生日おめでとう」とお祝いし、当人にも日本語で「ありがとう」と言ってもらいました。2つ目は写真を使った日本紹介。家、食べ物、技術、アニメ、季節の行事、スポーツ、観光地、中高生、伝統的な文化・芸術を、時折クイズを交えながら紹介しました。特にクイズでは当たった学生は「イエーイ!」と大喜びで、かなり盛り上がりました。3つ目は浴衣の着付。まず私が女性の着付を見せて、財経大学の男子学生にモデルになってもらい、男性の着付を紹介しました。その後、当校の学生と財経大学の学生に手伝ってもらい、一部の中学生に浴衣を実際に着てもらいました。そして、最後に質問タイム。「着物はなぜ袖が長いのか」「中国に来てどのように感じるか」など、たくさんの質問が出ました。

 終了後、ある学生がノートを出して、「サインして」と言ってきました。すると、あっという間に周りを囲まれ、押し合いへし合い、「押さないで!」と叫ばなければいけない状態に。先生にも「並びなさい」と言われ、座ってサイン会のように。私のサインなんかもらって嬉しいのかなと思ったのですが、記念としてもらってくれたようです。30人ぐらいに「岡田麻衣 おかだまい」とサインしました。まるで芸能人になった気分でした。

 「日本人に初めて会ったので嬉しい」「また来てくれる?」と言ってくれる生徒もいました。私に会ったことで、日本人に対して、少しでもいいイメージを持ってくれたとしたら嬉しいです。

 22年度3次隊 江西青年職業技術学校 日本語教師 岡田麻衣

 「中国の日本人ボランティア」 トップへ

 「人民網日本語版」2012年6月11日

中学生たち
中日国交正常化40周年の紹介
クイズ
浴衣を着て
サイン会
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古