2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:15 Jun 15 2012

第16回「全日中展」 成都山水画家に2度も招待状

 中日国交正常化40周年に合わせ、東京都美術館(東京都台東区)で4月末に開催された「第16回全日中展・東京国際美術大展」(主催:社団法人日中協会など)に出展してもらうため、主催側は成都の著名中国画画家・馮慶国氏に対し2度も書簡を送っていたことが12日、明らかになった。成都紙「華西都市報」が伝えた。

 馮慶国氏は中日友好に祝意を示し、「鹿鶴同春」「豪韻松風」「陶潜戯鶴図」の水墨画作品3点を出展した。馮慶国氏の作品は東京で高く賞賛・評価され、出展後、各作品は村山富市・元首相、白西紳一郎・日中協会理事長、全日本中国水墨画連盟がそれぞれ収蔵することとなった。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年6月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古