2012年7月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:29 Jul 02 2012

広島の神楽が北京で公演 中日国交40周年で 

 日本と中国の政府は日中国交正常化40周年の今年を「中日国民交流友好年」に指定。その政府指定活動として25日、広島の誇る郷土芸能「神楽」が北京で公演された。神楽の中国公演は初めて。中国共産党史の公式サイト「中国共産党歴史網」が報じた。

 同イベントは、北京市政府外事弁公室や日本国駐中国大使館の協力の下、中国国際交流協会や中国和平発展基金会、広島の民間非営利団体(NPO)法人「世界」らの共催で開催された。

 公演前、中国国際交流協会の李成仁副会長や「世界」の中田選理事長、日本駐中国大使館の山田重夫行使らがあいさつを述べた。

 李副会長はあいさつの中で、「国の交わりは民の相親しむに在り(国民同士が親しくしてこそ、国同士の関係もうまくいく)。中日の友好の基礎は民間にある。民間の人文交流は中日関係の大きな特徴となっており、国交正常化にも大きな役割を果たした」と指摘した。一方、中田理事長は「日本にとって、中国は文化の恩人。広島の神楽は日本最古の伝統芸能で、ある意味『日本人の魂の起点』とも言える」と紹介。山田公使も「広島の神楽を中国で公演することで、さらに多くの中国の方に日本の伝統芸能を知ってもらい、それにより両国の国民の心が結ばれることを望んでいる」と語った。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年6月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古