2012年7月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:24 Jul 03 2012

「感知中国in日本」--現代中国絵画展

 中国で最も注目されている実力派画家30人の力作から作品40点を厳選して展示する予定。中国画のもつ精神と美意識を「秀、雅、和、定」という4つの面から表現する。

 開催期間:6月25日-7月7日

 場所:東京中国文化センター

 中国と日本とは一衣帯水の友好隣国であり、古くから両国の人々は海を渡って往来してきた。

 日本人は中国人と同じように東方的な美意識をもっている。中国画は「情思」という二字に重点を置き、大自然の霊気が集まった山水といい、生き生きとした人物といい、すべてが画家の心境の表れである。画家は人間と自然の調和を求めるとともに、素朴の中から雅を見いだす。一方、日本の伝統的な絵画は、従来、中国画から深い影響を受けており、作品の素材、創作趣旨及び表現手法などにおいて、中国画と数多くの共通点がある。今回の絵画展によって、日本美術界の方々及び日本国民の皆様に中国人の芸術生活を楽しんでいただき、東方の美意識を感じることができればと願っている。

 文化交流を通じて、中日双方の親近感や共感意識を増していくことができるとわれわれが確信している。この絵画展が両国の美術界同士ないし両国民の相互理解のため、芸術交流をもって日中両国の国民友好感情を深めていくチャンネルとなればと願っています。

 「人民網日本語版」2012年6月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古