2012年7月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:28 Jul 19 2012

東北各県、中国版ツイッター開設、中国人観光客に照準

 東北の岩手、宮城、福島の3県は中国人観光客の呼び込みに向け、3年以内ならば何回でも訪日できる「数次査証(ビザ)」の発給を今月から始めた。東北地方が一丸となって中国人観光客の呼び込みに取り組む中、東北各県は続々と中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」のアカウントを開設している。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 「河北新報」によると、東北各県に「微博」開設の動きが広がりつつあり、中国国民へ地元情報の発信を始めた。

 福島県は昨年、東日本大震災発生前に、「微博」を東北で最も早く開設した。大震災発生からまもなく、福島県は「微博」を通じ、被災状況や原発事故情報を載せ、現場から信頼性の高い地震情報を中国人に伝えた。福島県アカウントのフォロワーはすでに、3万4千人を超えている。

 宮城県仙台市も5月1日に公式アカウントを開設、仙台ならではのグルメ・文化などを発信している。「目玉」は中国で人気抜群の卓球選手・福原愛さんの動画が定期的にアップロードされていることだ。フォロワーは6千人となった。

 「微博」を開設した日本の自治体はすでに30を超えた。大震災で深刻な被害を受けた岩手・宮城の両県もアカウント開設の検討を始めている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年7月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古