2012年7月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:41 Jul 30 2012

「矢野浩二」「久石譲」・・・中日映画界の交流が一層拡大 「人民中国」編集長

 北京で出版する唯一の日本語総合月刊誌「人民中国」の王衆一編集長23日、人民日報のニュースサイト「人民網」を訪問。中日の国交が正常化してからの40年間、両国の間で行われてきた映画交流や両国の映画の特徴、相互理解を深める必要性などに関して、自らの考えを語った。中国ドラマ・映画などで重要な役柄を演じる俳優・矢野浩二さんや中国映画・ドラマのサントラを多数手がける作曲家・久石譲の活躍に触れ、「時代も変わり、中日両国の映画関係者の交流方法・ルートはさらに拡大し、さまざまな可能性が多くの名作を生んでいる」と指摘した。「人民網」が報じた。

 王氏のコメントの要旨は以下の通り。

 ‐‐‐‐‐中日両国の映画の分野における交流の現状は?

 この分野において、中日両国はさまざまな交流を経験し、いくつかの段階をも踏んできた。さきほども言ったように、1972年に国交が正常化する前から、多岐に及ぶ民間交流の基礎が築かれ、この過程で映画は重要な役割を果たした。そして中国が78年に改革開放を実施して以降、この分野における大きな進展があった。中日の国交が正常化して以降、中日の友好関係が非常に理想的な状態なった時、両国の一般国民の相互理解を深める点で、映画が大きな役割を果たした。当時、正確に言うと1982年、日本と中国の囲碁の天才棋士の交流を描いた初の中日合作映画「未完の対局」が、国交正常化10周年記念映画として制作された。

 同映画には、中国側は孫道臨、日本側は三國連太郎という当時の両国の一流俳優が出演している。同作品は制作から上映に至るまで、すばらしい出来で、旗を振ったのは佐藤純彌監督。佐藤監督は中国でも大ヒットした「君よ憤怒の河を渉れ(中国名「追捕」)」(79年)や「人間の証明」(77年)、さらに88年の中日合作映画「敦煌」などでも旗を振った名監督。「未完の対局」は戦後や中日の国交が正常化して以降、中日両国が共同で映画を制作する面で、活路を切り開いた。

 この時から、中日合作映画というスタイルでの映画制作は今日に至るまでずっと続いており、中日国交正常化40周年に当たる今年も「東京に来たばかり(中国名「初到東京」)」を共同制作。日本に留学経験のある蒋欽民(ジャン・チンミン)監督が旗を振り、女優の倍賞千恵子さんらが出演。囲碁のプロを目指す中国人留学生の日本での暮らしを描いている。初の中日合作映画「未完の対局」も囲碁を題材にした映画で、それから30年後の今年もまた、日本で囲碁を学ぶ中国人留学生をテーマにした映画を共同で制作するというのは、たいへん興味深いこと。これは交流の主流として、よい形式が形作られているということ。

 これ以外にも、中日両国の国民間の交流ルートが現在、継続的に拡大されているのに伴い、交流の形式も常に多様化されている。そして、各種新たな映画の共同制作方法が出現している。例えば、最近の中国の映画にはたくさんの日本人俳優が出演している。これは中国が改革開放を実施する前やまだ一定の経済水準に達していなかった時には想像もつかなかったこと。昔、我々が見ていた中国映画は、いい役、悪役、いずれにしても、日本人役はすべて中国人がしていた。でも、今は違う。今は、多くの日本人俳優が北京で暮らしており、彼らが中国の映画に出演し、重要な役柄を担っている俳優もいる。以前、日本人が出てくる映画というと日中戦争を描いたものばかりで、役は日本兵だったが、今は役柄も非常に豊富になっている。例えば、中国で活躍する日本人俳優矢野浩二さんは以前から、日本兵を何度も演じてきた。しかし、今はそれが少しずつ変わっている。現在放送中のドラマ「浮沈」では、中国の日系企業の総裁役を演じている。このように、現代のストーリーを描く映画・ドラマに出演する日本人は増加しており、これは中日が共同で映画・ドラマを制作する面における、良い進展と言える。

 そのほか、日本のサウンドトラック(以下「サントラ」)も非常にすぐれていることは、多くの中国人が知る通り。中国を代表する俳優の姜文(ジャン・ウェン)さんが監督・主演を務めた「太陽照常昇起(太陽はまた昇る)」(07年)では、名作曲家・久石譲氏がサウトラ作曲を務めた。このサントラを聞いた中国人は非常に耳新しいと感じ、好評だった。それで、ジャン監督は最新作の「譲子弾飛(さらば復讐の狼たちよ)」

 でも同じ曲を再度使用し、中国人にとっては一層馴染み深い音楽となった。日本人が作曲したサントラが中国映画に起用されるというのも新鮮味のある進展。中日両国の合作映画制作という面で、常に新たな方法が生み出されているということ。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年7月27日

【王衆一へのインタビュー】

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古