2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:24 Jul 31 2012

中日両国の看護管理職、東京で交流 日本側「学ぶべきノウハウある」

中日医療関係者による記念撮影

 中国福建省立医院(病院:福建省福州市)は中日両国の医療ノウハウ交流と協力を強化するため、先月23日から今月22日まで、高級看護師18人を訪日研修に派遣した。2グループ派遣された看護師らは、それぞれ2週間の研修を受けた。日本の認定看護管理者カリキュラムを柱に、看護理論、国家制度、医療機関の発展理念、看護現場でのスタッフ配置・施設などについて、日本側医療関係者と幅広く深い意見交換をした。一方、日本の専門家らは中国の各種医療制度について理解を深め、「中国側にも日本が参考にすべき多くの制度がある」との意見が出た。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 今回の研修は、東京大付属病院(東京都文京区)、NTT東日本関東病院(東京都品川区)、聖路加国際病院(東京都中央区)、東京大医科学研究所(東京都港区)先端医療研究センターなどの全面協力の下、福龍商事(東京都千代田区)、米国財団法人・野口医療研究所(日本事務局:東京都港区)、NPO法人・日本中国看護師交流協会(東京都品川区)、千代田国際語学院(東京都千代田区)が開催した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古