2012年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:15 Aug 03 2012

第11回中日地方交流促進シンポジウム、北京で開催 (3)

5人のゲストが討論を展開

 シンポジウムの後半には、ゲストによる討論が行われた。全国市長会元副会長の大西秀人高松市長、北京日本文化センター(日本国際交流基金会)の高橋耕一郎副所長、中日友好協会の朱丹副秘書長、北京大学政府管理学院の白智立副院長、「人民中国」雑誌社の王衆一編集長らが、それぞれの中日交流の経験を語った。5人のゲストは、「文化交流が非常に重要であり、両国国民の相互理解に対して大きな役割を果たす」と意見をまとめ、「両国の青少年・観光・留学・文化・スポーツ・地方交流等の交流を強化していきたい」と今後の希望を述べ、「双方は中日友好に貢献する取り組みを行うべきだ。また形式を問わず、民が官を促し、地方政府が中央政府を促し、既存の交流の場を利用した上で新たな領域を開拓し、互恵関係を築くべきだ」と意見を一致させた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年8月3日

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古