2012年8月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:33 Aug 10 2012

「中国襄陽光彩日商産業パーク事業プロモーション会」が北京で開催

襄陽市・別必雄市長

 中日国交正常化40周年を迎えるにあたり、湖北省襄陽市は9日に北京で「2012年中日民間経済交流会ならびに中国襄陽光彩日商産業パーク事業プロモーション会」を開催した。中日両国の代表や賓客200人余りが出席し、中日民間経済の共同発展、地方交流・協力の強化について踏み込んで話し合った。同日、「襄陽光彩日商産業パーク日本推進会北京代表処」も設立された。

 胡徳平・全国政協常務委員(経済委員会副主任委員)、堂ノ上武夫公使、襄陽市政府幹部が相次いで式辞を述べた。襄陽市の別必雄市長は式辞で襄陽市の経済・社会発展状況や日本企業の発展状況を紹介。「事業プロモーション会を通じて襄陽市と日本企業との間に架け橋を渡し、より多くの日本企業に襄陽市のことを知り、理解し、襄陽市で投資・事業を行ってもらい、ウィンウィンを実現したい」と述べた。

 会議を運営する襄陽彩誠実業投資公司の倪衛東総裁は、同社の進める「襄陽光彩日商産業パーク事業」について紹介。パークの場所、政策、人材上の強みやインフラを含むハード面の環境について詳しく説明した。

 中国光彩事業日本促進会の姜維会長は日本に設立する「中国襄陽日商産業パーク日本推進会」について説明。今年6月に「襄陽光彩日商産業パーク日本推進委員会」を日本で設立し、日本企業を対象に襄陽光彩事業のプロモーションを行っているという。姜維会長は工業パークの発展モデルを高く評価し、光彩精神を存分に発揚して「襄陽光彩日商産業パーク」のプロモーションを全力で後押しする方針を表明した。

[1] [2]

プロモーション会現場
全国政協常務委員(経済委員会副主任委員)・胡徳平氏
堂ノ上武夫公使
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古