2012年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:21 Aug 17 2012

中日住宅大手、沿海部大都市で「内装済み」マンション建設へ

 大和ハウス工業(大阪市北区)など日本の住宅関連大手の間で、中国のデベロッパーと提携し上海など沿海部大都市郊外での住宅建設の動きがある。大和ハウス工業は日本国内の建材・住宅設備メーカーと手を組み、中国の富裕層向けに日本風インテリアを施したマンション発売を計画している。人民日報のウェブサイト「人民網」が伝えた。

 日本側は今後、中日両国の建築技術交流の促進を目的とした「日中建築住宅産業協議会(JCBH)」(東京都千代田区)を通じ事業協力を展開、中国側は建設部「中国房地産業(不動産業)協会」(北京市西城区)が主管する「中国房地産業(不動産業)協会経済合作委員会」会員のデベロッパーに加盟を呼びかける。

 現在までに「上海緑地集団(グリーンランド・グループ)」(上海市盧湾区)など大手4社が加盟、中日双方は現在、候補地を選定中。早ければ今秋にも開発用地が決まり、具体的事業計画がまとまる見込み。開発規模は500-1千戸前後となる模様。

 住宅販売の際に内装が施されていないのが中国では一般的で、今回のプロジェクトでは半数以上が「内装済み住宅」として発売される。日本側は日本的感覚のインテリアで中国市場に挑戦する。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年8月17日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古