2012年8月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Aug 22 2012

中日姉妹都市・中学生卓球大会が開幕 北京

 「ナイスショット!」「ドンマイ!」-----。会場内には、歓声や少年選手たちへの声援が次々と飛び交った。中日国交正常化40周年を記念する「中日友好交流都市中学生卓球友誼大会」が17日午前、北京オリンピックスポーツセンター(北京市朝陽区)で開幕した。中日両国の姉妹都市・省都道府県83組から中学生332人が出場した。人民日報のウェブサイト「人民網」が伝えた。

 今大会は中国・日本の各都市から男女各1人を選出し、両国の姉妹都市間でタッグを組んだ。地域別のリーグ戦の上位2チームが、地域別のトーナメント戦に駒を進める。地域ごとに金・銀・銅メダルを決定する。

 3日目となった19日、予選、そして緊張の準決勝を勝ち抜いた長沙市-鹿児島市、洛陽市-須賀川市、中山市-市原市、撫順市-いわき市、楽山市-市川市、廊坊市-松本市、蕪湖市-高知市、石家庄市-長野市、河南省-三重県、江蘇省-福岡県の10組が決勝に進んだ。

 緊迫した熱戦が続いたが、少年・少女たちの顔には自信や笑顔、元気があふれていた。

 今年は中日国交正常化40周年であり、「中日国民交流友好年」でもある。この特別な年に特別な大会が開催される意義は大きい。今大会の最大のポイントは、中日両国の中学生がタッグを組んだことだ。「国際化」されたチームは大会中、お互いを助け、励まし合う精神を存分に発揮し、レベルが高く、スポーツマンシップをみせ、なによりも友情が芽生えた。国籍は違っても、言葉は通じなくとも、小さな小さなボールが少年・少女たちをつなぐ心の絆となった。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年8月22日

[1] [2] [3] [4] [5]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古