2012年8月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:12 Aug 27 2012

神戸大学で中国人留学生が自殺、教員に懲戒処分

 神戸大学で数十年間教鞭をとっていた教授の不適切な指導により、研究室で学習していた中国人留学生が自殺した。神戸大学はこのほど同教授を処罰したが、中国人留学生の若い命を取り戻すことはできない。日本新華僑報網が伝えた。

 事の発端は、「退学勧告」のEメールだった。このメールを送信したのは、神戸大学の海事科学研究科教授であった。自殺した中国人留学生は、同教授の研究室で学習・研究に励んでいた。

 同教授は2011年11月、中国人留学生のいとこにEメールを送信し、「彼(中国人留学生)は研究に意欲的だが、能力が低い」、「退学を勧めるべき」と告げた。中国人留学生は同教授のEメールを見ると、研究室に来なくなった。それから約1週間後の2011年12月、中国人留学生は屈辱の余り自殺した。

 神戸大学は8月20日、同教授(60数歳の男性)に対して、8月21日より停職14日の懲戒処分を下した。神戸大学は、同教授が中国人留学生の親戚に送信したEメールの中で、中国人留学生に対して不適切な指導があり、自殺の直接的な原因となったとした。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年8月23日

 一方、上述の報道に対し、神戸大学側は事実と異なったと指摘した。神戸大学海事科学研究科総務係によると、記事の「神戸大学は、同教授が中国人留学生の親戚に送信したEメールの中で、中国人留学生に対して不適切な指導があり、自殺の直接的な原因となったとした」は事実と異なり、「神戸大学は調査委員会を設けて事実関係を確認したが、不適切指導と自殺との直接の因果関係は認められなかった」という。同教員の懲戒処分が同大のホームページ(http://www.kobe-u.ac.jp/topics/top/t2012_08_21_01.html)に公表されている。

 「人民網日本語版」2012年8月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古