2012年8月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:49 Aug 27 2012

上海-仙台直行便、10月就航

 日本政府は先月から、岩手、宮城、福島の3県を訪れる中国大陸部観光客を対象にマルチビザ(数次査証)の発給を始めた。仙台空港(宮城県名取市)は中国東方航空(上海市浦東新区)と協力し、10月から上海-仙台の新路線を就航させる。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 東方航空による上海-仙台間の定期航路の就航は10月18日から、毎週4便。仙台空港にとって2007年12月の広州線(翌年に運航停止)以来、5年ぶりの新規国際線就航となる。

 同便は毎週水・木・土・日曜日の午後7時50分に仙台に到着する。仙台からの出発は、毎週木・金・日、月曜日の午前9時。所要時間は3時間。エアバスA320(定員156人)が使用される見込み。

 日本政府は東北地方の復興をいっそう促すべく、先月から東日本大震災で深刻な被害を受けた岩手、宮城、福島の3県を観光する中国人観光客へのマルチビザ発給を始めた。

 東方航空東京支店は「便数が多いのは中国人の観光需要を満たすためと思われがちだが、弊社としては日本の方にも観光・ビジネス路線として利用してほしいと考えている」と期待感を示した。

 中国国際航空(北京市朝陽区)も上海経由で北京-仙台線を週2便、就航させている。仙台空港の国際線のうち、長春-仙台線も先月に再開し、震災前の週6便に回復した。また10月1日からはグアム-仙台線も週4便に回復する。これに東方航空の上海新規路線が加わることで、仙台空港を発着する国際線は週23便となり、震災前の週20便を超えることとなる。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年8月27日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古