2012年9月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:46 Sep 05 2012

多様化する中国人訪日観光、「美容ツアー」が人気に

 日本政府が中国人向け観光ビザ発給要件の緩和を始めて以来、訪日中国人数は年々増えており、中国はすでに日本にとって最も重要な観光市場となった。大陸部観光客マーケットの成熟化に伴い、観光客は従来の「黄金ルート」を巡るグルメ・レジャー旅行にはもはや飽き足らず、日本観光での体験ニーズがより深く変化している。一連の斬新なテーマを売り物にしたツアー商品需要が生まれ、歓迎される一方だ。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 中国人観光客が東京に来た際に必ず訪れる地・銀座で、記者は先日、深センからのツアーに遭遇した。参加者全員が女性という同ツアーのテーマは「美容・健康」。内容は至ってシンプルで、美容施術のほかは、東京近郊で遊び、日本料理を味わい、日本風情を感じるというもの。彼女たちは、「観光はもう新鮮ではない。単なるレジャーなら、日本以外にもたくさんの選択肢がある。でも日本の美容整形の技術とサービスは世界でも一流」という。「美しくなりたい」彼女たちは日本の美容整形に惹かれて訪日したのだ。

 日本のある美容外科医院の院長は「日本新華僑報」記者に対し、「中国国内では女性の美への追究意識がより高まっていると感じる。いわゆる『プチ整形』などはすでに広く受け入れられ、また彼女たちの美の追究の消費力は実に驚く。中国国内では美容整形は設備や施術水準にも限りがあるが、日本はこの分野で世界最高レベルを誇る。中国人女性をお客様として、さらに美しく、お手伝いをさせていただきたい」と寄せている。(編集HT)

 *センは「土へん」に「川」

 「人民網日本語版」2012年8月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古