2012年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:50 Aug 31 2012

TBS中日友好ドラマ「強行帰国--忘れ去られた花嫁たち--」、10月放送

 日本では「残留孤児」「残留婦人」は特殊な存在だ。日本の敗戦後、中国人の保護の下で成長し、生き延びた。中日両国の苦難の歴史の「生き証人」といえる。中日国交正常化40周年を記念して、TBSは「残留婦人」にスポットを当てた報道ドラマ「強行帰国--忘れ去られた花嫁たち--」を制作した。同ドラマには日本のお年寄りの証言も含まれ、日本人が恩を感じ、中国で養育してもらった礼として、在日華僑・華人に贈る。ウェブサイト「日本新華僑報網」が伝えた。

 毎日新聞によると、日中国交正常化40周年記念番組「強行帰国--忘れ去られた花嫁たち--」は10月1日、TBSで放送される。ドラマは第二次大戦前後に「大陸の花嫁」とよばれた日本人女性たちを描く。日本が中国侵略戦争を仕掛けた1930年代、一部の日本人女性は当時の国策の下、中国東北地区、さらに日本「満蒙開拓団」に嫁いだ。日本の敗戦後、「満蒙開拓団」は集団逃亡し、これらの婦人たちが残された。

 善良で寛容な中国東北部の人々の保護の下、捨てられた数千人もの「大陸の花嫁」のほとんどは、中国の大地で紆余曲折の悲壮な一生を送った。

 藤原康延・プロデューサーは「この番組をきっかけに、さまざまな角度から日中関係を捉え、中国の人々に対する理解を深めていただくことができたら」と述べる。

 「残留孤児」の原田静美さんは取材に対し、「敗戦後に逃げた際、非常に多くの日本人女性と子どもが捨てられた。当時の惨状は、経験した人でなければ想像できない。純朴で善良な中国の方々がいなかったら、命がいくつあっても足りなかった。中国の方々の心はあの大きな大陸のごとく、温かく広い。『恩を感じ、皆さんに助けられたように、私たちも在日華僑・華人を助けなければ』という話を帰国後よく日本人にしている」と語った。(編集HT)

 「人民網日本語版」2012年8月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古